iPhone修理のiレスキュー 町田店

iPhoneSE 画面修理

皆さんこんにちは
Iレスキュー町田店です!
本日はまだまだ現役
iPhoneSEの修理事例をご紹介します♪

iPhoneSEって?

iPhoneSE

iPhoneSEって小さくて今でいう12miniみたいな立ち位置で5年経った今でも現役で活躍している人気機種です!

今ではSE第2世代が主流になってきてますが、元々小さいのがウリのSE
根強いファンも多く、よくご依頼頂きます。

今回はかなりバキバキになってしまい画面が映らなくなってしまったiPhoneSEの修理をご依頼頂きましたので、ご紹介させていただきます。

修理の流れ

iPhoneSE

まず充電差込口の両脇にあるネジを外して、画面を剥がしていきます。

剥がしましたら中身が見えまして、iPhoneSEは縦開きなので倒れない様に立て掛けてからバッテリーのコネクタを外して、その後画面のコネクタを外していきます。

外しましたら分離出来ますので、ホームボタンなど、外せるものは外して再利用します。

新しい画面に移植が終わりましたら、画面→バッテリーの順にコネクタを付けて、電源入れて動作チェック
問題無ければそのままネジ止めして修理完了です。
お時間に関してですが、当店ですと早いスタッフであれば30分で終わりますが、受付からお渡しまで目安1時間~2時間ほど頂いております。

最後に。。。

iPhoneSE

iPhoneSEも発売してから5年が経ってますので、そろそろOSの更新が止まるのではないかと密かに噂されてます。
ですが、使えなくなるわけでは無いのでご安心下さい。

今回の修理時間や金額は下記にまとめておきますのでご参照ください

症状
画面割れ、映らない
修理内容
画面修理
修理時間
60分
修理料金
¥4,378 (税込)

iPhoneSE バッテリー交換

みなさんこんにちは!

iPhone(アイフォン)・iPad(アイパッド)修理のiレスキュー町田店です。

本日も10時から19時まで通常通り営業しております!

今回も修理例をご紹介致します。

〇修理実例

iPhoneSE

☆ご依頼内容

【機種】iPhoneSE

【症状】電池持ちが悪い

【修理内容】バッテリー交換

バッテリーの持ちが悪くなってしまう症状は、バッテリーの劣化症状の中でもよく見受けられます。

今回のiPhoneSEは特に古い端末なので、ぎりぎり起動できるレベルの状態でご使用されている方が多かったです。

バッテリー交換で改善される可能性が高いですのでお勧めです。

☆バッテリー交換はどのタイミングですべき?

最大容量を確認しましょう

劣化症状でお困りであれば交換がおすすめですが、そうなると個人の感覚によってきてしまうので

交換時期の目安として劣化具合を確認する方法をご紹介致します。

①設定アプリを開きます

②バッテリーの項目を開きます

③バッテリーの状態を開きます

④最大容量が確認できます

最大容量とは、新品時に100%だったものが劣化すると減っていくものになっているので

現在どれくらい劣化しているかが確認することが出来ます。

一般的には80%以下になると交換必須と言われています。

是非参考にしてみてください。

☆ご利用いただく場合

当店をご利用頂く場合はご予約がおすすめです。

空いている時間帯へのご案内や、パーツ在庫の確認とお取り置きも可能です。

是非事前にお願い致します。